広島市安佐南区にあるフミヤクリーニングはココで洗いから仕上げまで行うクリーニング店です

お預かりした大切な衣類は、素材・汚れの種類に応じてひとつひとつ、ていねいに仕上げます。

 

 

 

1、受付

素材の特徴・着用回数や汚れの度合い・しみの有無などを点検し、最も適したケアを選定いたします。
“洗いすぎ”によって洋服を傷めないよう過不足の無いプログラムを組み立てます。
2、検品
お預かりしたお洋服は。1点1点ていねいに点検チェックします。
チェック項目は付属品の有無、スレ、破れ、変形などの有無、部分的な変退色やシミ、品質表示等多岐に渡ります。


3、選別

素材や汚れの種類に応じてその衣類に最も適した洗浄をするために、前処理・ドライ・水洗いなどの種類別、
汚れ別など様々な要素に分けて仕分けします。仕分けが終わると洗いの工程に移ります。
【ランドリー、ウェットクリーニングの場合】
 洗浄温度別、助剤別、漂白剤別、糊付別に分けます。
【ドライクリーニングの場合】
 溶剤別、洗浄時間別、タンブラー温度別に分けます。

4、前処理・しみ抜き
部分的に汚れがひどい箇所は落としやすいための事前処理をします。
前処理では、シルクガンを用いて1箇所1箇所丁寧に汚れを処理し綺麗にしています。

シミとは、洗浄だけではとれない局部的な汚れ(汚点)をいいます。
シミ抜きは、全体を洗ってもシミが落ちないで残っている場合や、洗う前であっても洗うだけでは落ちそうもないシミが付着している場合前処理として行います。

5、洗浄
当社の使用しているドライクリーニング溶剤は臭気の少ない石油系エクソール40です。ナフテン分を約50%含むので、
汚れを落とす力は勿論のこと、非常に低臭で仕上げ衣類に臭気が残ることは殆どありません。
これに専用ソープを混ぜて洗浄します。
デリケートな素材、ウール・カシミヤ・シルク・レーヨン等を安全に洗うことができます。

 


ウエットクリーニング・汗抜きクリーニング

ウェットクリーニングとは、水を溶剤とする新たな洗浄方法で、汗や皮脂などの水溶性の汚れに最適です。クリーニングする衣類に応じて、洗銀イオンのお水やお湯を使用し、洗濯にかける時間や負荷、洗剤の種類を変え、その衣類に最も適切な洗浄を心がけています。 襟垢など家庭では落としにくい頑固な汚れをきれいに落とします。


ワイシャツクリーニング

銀イオン洗浄の除菌効果により、汚れだけではなく、目に見えない雑菌まで洗浄しています。
30℃のぬるま湯から洗い始め、40℃近い温水で洗う2段階洗浄でぬるま湯じゃなければ落ちない汚れと、
温水でなければとれない汚れの2種類を除去し、すすぎは3回、家庭洗濯の3倍以上の水量ですすいでいます。

6、しみ抜き・再洗い
必要によってしみ抜きを行います。
また、汚れ落ちが不完全な衣類を洗い直します。
当店で今まで行ったしみ抜きについて詳しくは、

 

 

7、乾燥
乾燥機や自然乾燥で、衣類に合わせた最適な乾燥を行います。
通常、乾燥はタンブラー乾燥機という機械を用いて乾かします。
殺菌や消毒の作用があります。

仕上げの為の予備乾燥(生乾き状態)や完全乾燥、またタンブラーに不適な衣服の場合はタンブラー乾燥機を使わず自然乾燥する場合もあります。

8、仕上げ
当店ではほとんどの品物を手仕上げでアイロンを使用して行います(ワイシャツは機械仕上げです)
アイロンの効かせ具合・糊の強さなどの細かいこだわりをお持ちのお客様は、どんなことでもご相談ください。
洋服の個性やお客様のお好みなどを把握し、仕上げます。

9、検品・包装
仕上がった衣類をチェックし、品物が揃っているか
確認後、包装します。

なおビニール包装は運搬用ですので、ご家庭ではビニールをはずして保管します。ご家庭に持ち帰った際、通気性がある布製のカバーに取り替えてください。これを怠りますとシミ、酸化ガスによる変色、カビ等の原因となりますのでご注意ください。

10、お渡し
お客様のお手元に。

2018年 12月
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5

営業日

祝日

ページ上部へ戻る